うわべだけの独り言を綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスへの憎しみ
死ね。

カップル死ね。


さて、僕は凡人なので
クリスマスに予定のある楽しそうな人がうらやましくて仕方ありません。
今年は休日な上に三連休なので、毎度のコトながら連休を無駄に寝て過ごしてしまう罪悪感との相乗効果でかなりヤバイことになることは間違いありません。

別にクリスマスに何かしたいわけではありません、
俺は何もしないのに他人は楽しそうにしているのが許せない!
日本のどこかでドピュドピュ出てるのを想像すると気が狂う。
ちょっとした白い性欲(堤さやか)気分だ。

しかし僕にも楽しい時期はありました。
そんな過去をちょっと振り返ってみたいと思います。

■1997年
高校三年生。数ヶ月前に出来た初めての彼女とはすでに断絶寸前。
受験勉強と称して実家待機。

■1998年
初めて女の子と過ごすクリスマス。
ケーキが嫌いなのに拷問のように口に詰め込まれた。
でも今までで一番世の中の理想系なのかもしれない。

■1999年
なぜか記憶ない。

■2000年
この年は覚えてます大学三年生。
マイミクやま性君ちで男二人のメリークリトリス。
ピザ屋の配達を拉致して三人で宴会。
アパートの階段でおしっことかしてた、
そんな薄汚れた馬鹿共を憐れに包む初雪が降っていたのを覚えている。
余った赤ワインを持ち帰ったことすら覚えている。
なんでだろ、そのワインはサイショクケンビというワインだったことすら覚えている。

■2001年
ふと思い立ち、新潟市からはるばる東京まで車を走らせる。
下道を迷いながら8時間、到着した頃はクリスマスイヴではなかった。もうあんな無茶はしたくない。
ドンキホーテに初めて行った。
あとドンキで一平ちゃんの豚骨が69円だったのを何故か覚えている。

■2002年
入社一年目。
前日とかは車で東京に行っていたが当日は何もしてなかったと思う。

■2003年
わざと仕事を作って残業残業。
過ごす人も話す人も無し。
と思ったらその頃まだ会ったこともないモツ鍋さんとメール合戦。
あーこういうこともあるのかーとIT革命を確信。
懐かしいなぁーエキサイトフレンズ…

■2004年
会社終わって六本木へボアダムスを観に。
なんか音はショボいし全然ダメなイベント。
六本木のイルミネーションは豪華だなぁと思ったが
こういうのに素直に喜べる大人じゃないことを再確認。

■2005年
無理です…




■バトンをまわす50人
取り放題。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ロリータAVの女王だ。2001年デビュー。気のせいかもしれないが、俺の中では「よくぶっかけられている女優」としてインプットされている。2003年1月にAV女優を引退しているけど、ロリータに「萌え~」な君たちにはぐっとくる作品をいっぱい残してくれているぞ。
2005/12/15(木) 09:14:03 | 日刊 堤さやか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。