うわべだけの独り言を綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モミロネアについて…とあとタイゾウの追記
芸人が金を目指して争うモミロネア。

知らない人は検索してみてください。


要約するとですね、
なんかモノマネとかショートコントとか5つのお題があり、
ランダムに選ばれた観客を…


面倒くさいや、説明するの。


劇団ひとりが100万円をゲットしたんですけど、
やっぱり彼は凄いと思った。別に似てるからとかではなく。
つうかくやしい。似すぎてるんだ、心の構造が似すぎている。
狙って笑わせる時のあの目は俺は知ってるんだぞ。

本当にタカアンドトシとかポイズンなんとかこんにゃくとか猫ひろしなんて一回も笑わなかったのにひとりには負けました。
面白いです、狙われた笑いです。

しかし猫ひろしの芸風は俺は全く慈愛を傾ける余裕もないのだけれど、
何か、いつか俺がお笑いに転向したときの希望になるのではと思います。
「何でお客はワテのオモロサを解ってくれないんや~!」
と布団をかみかみする夜も彼のことを思い出して自信が持てそう。
とはいえ俺がお笑いに行ったならそんな苦労はしないと思います、ある意味で。

まぁこの「ある意味」が自殺するからということはさておき、

このモモゴネアって面白い番組です。
要は適当に選ばれた5人の客を笑わせればクリアなんすけど
4問目までは3人笑わせればクリア、5問目は5人すべてを笑わせないといけません。しかも誰を笑わせるのかは芸人も客も知らないしね。

そうなると4問目までにニガテなお題をクリアしておくべきなんだが、
結構「サイレント」という声を出さずに客を笑わせるという
一番難しいお題が5問目に残るんだよね。
ここが芸人が主役となっているところの面白いところで、
4問目を確実なネタで勝ち、5問目に進むか
4問目に不安なネタで挑み、もしかして負けたら俺は4回しかネタを出すことが出来ない、
という芸人魂、芸人のサガみたいなものを感じるんですよ。

お金じゃない、とにかく俺を一番見てくれるにはどうすればいいか
というのはもう芸人根性以外のナニモノでもないだろう、感服。

そして下痢団ひとりもその「サイレント」をクリアし、100万円。

いや本当にすごいと思いました。



@@@ココから追記@@@

資産公開は「国家的損失」 杉村氏がブログで批判

 自民党の杉村太蔵衆院議員が20日付のブログ(日記風サイト)で、国会議員の資産公開について「そんなものを時間かけて、手間暇かけてやったところで本当にこの国の20年後、30年後のためになるのかな。資産公開のために要した時間、これは国家的損失ですよ」と批判した。
 杉村氏は「大きなお世話だっちゅう話は枚挙にいとまがないわけですが、国会議員の資産公開」と切り出し「資産公開で勝ち組だの負け組だの、本当、大きなお世話であります」と指摘。「そもそも自分の資産を法律で公開する義務を負わなければならないのか、不思議でならない。そこに何か意味があるのでしょうか」と疑問を呈した。
 一方で「興味本位で(資産状況を)のぞいてみたくなるのは事実ですわね」とも書いているが、政治とカネをめぐる国民の不信を取り払い、政治倫理を高める目的で1993年にスタートした資産公開法の経緯や背景、問題点には全く触れていない。


これ、最後の数行が大事なわけで、
大きなお世話だとか興味本位だとかお前が負け組だとか
そういうことを言うためにある制度じゃないわけで、
政治倫理を高める目的で1993年にスタートした資産公開法の経緯や背景、問題点には全く触れていない
ここに噛み付いた記者はきちんと見識を持っているなぁと。

こんな阿呆でも国会議員になれるのですね、
俺はなれてもなりませんけど。なったら官僚の大半死刑にします。
それはカゲキですけどね。


あ、でも「当選のあかつきには官僚の八割を死刑にします」
なんて言って選挙したらそれはすごいかもしれない。
何が起こるんだろう、物凄い命懸けの選挙ですわそれは。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。